日本AMC株式会社  協会の経営をサポートします   日本AMC株式会社 TEL 03-3524-4200 
 
協会経営コンサルティング 事務局代行 About us  
簡単お見積もり


事務局まるごと代行サービスとは?
協会の事務局をまるごと
お引き受けするサービスです。

事務所もスタッフも用意する必要はありません。
銀座オフィスが皆さまの事務局となり、私たちが協会スタッフとして対応します。
すでに事務局がある協会は、事務の一部だけを委託することができます。


よくある事務代行とは異なり
御協会の担当者が方針を理解してマネージメントをしたり、
協会専門の知識とノウハウによってアドバイスをしたり、
多彩なスタッフにより幅広い業務にワンストップで応じることができる
ユニークなサービスです。

アメリカでは5,000もの協会がこのようなAMCと呼ばれる専門サービスを活用しています。
私たちは日本で初めてのAMC企業です。

お取引先一覧




まさしくまるごとのサービス内容

■事務局機能

御協会の担当者、住所(東京銀座)、電話・メール・FAX・郵便の対応、理事会や総会の運営、議事録の作成、経理から監査・決算、各種資料の準備、登記申請、イベントの運営

■協会経営コンサル

財務や法務の相談、予算書や事業計画の立案、規程や契約書の作成、コンプライアンス対策、新任理事の研修など

■協会のマーケティング

最新の技術によるホームページの制作・運営による会員の満足度アップ。メールマガジンやプレスリリース、SNSなどを活用した新規会員や賛助会員の獲得など



■こんな方に最適!

1) 事務局の新規設立を検討している
2) 事務局の縮小や撤退を考えている
3) 会社内にある事務局を独立させたい
4) 地方協会の東京支部設立を検討している




1 御協会の担当者がマネージメント


よくある事務代行は、あくまで「事務の代行」。
指示されたことを行うだけ。



その「よくある事務代行」はマネージメントまでしてくれますか?

御協会の担当者が、理事会に陪席して、議事録をとります。
それだけではありません。
協会の方針と進めるべき課題を理解し、次の理事会までに準備します。
指示待ちの事務代行ではなく、パートナーとして協会の発展に貢献します。





「まるごと代行」をつかう不安
 「事務所をまかせて主導権を失わないか?」と心配された協会。でも私たちがあくまで理事をサポートする立場であると知って安心されました。
 「異なる業界も運営できるのか?」と疑問だった協会は、事務局運営の基本は共通なこと、私たちの業界知識を学んでいく姿勢にご納得されました。




2 協会専門の知識とノウハウ


よくある事務代行は、あくまで「事務の代行」。
協会経営の専門家ではありません。


「事務局まるごと代行サービス」なら、関連法を熟知し、リスク回避


その「よくある事務代行」は
協会専門の知識とノウハウをお持ちですか?

必要な書類や登記、コンプライアンス対策など、非営利の関連法を熟知したアドバイスができます。
総会や理事会の運営、監査や予算書の作成など、独自のノウハウで円滑な運営を実現します。
日本で初めて※)非営利組織の経営資格を取得していますので、
財務や法務はもちろん、経営計画のご相談まで、経験と実績で協会の発展に貢献します。
※IOM:アメリカ商工会議所が認定





コンプライアンスを改善
 登記が遅れて代表理事が過料を科せられた協会でのこと。
 調べてみると、補完すべき書類にも不備がありました。そこで必要な書類や規定をそろえ、理事の賠償責任への対策を講じました。



収入を増加
 協会が行っているイベントの商標登録をご提案しました。
商標取得の後、全国の類似イベントに名称貸与することで、大きな収入ができました。





3 ワンストップで幅広いご要望にお応えします



よくある事務代行は「事務の代行」だけが仕事。
業務によって沢山のアウトソーシングを使うことになり大変です。
「事務局まるごと代行サービス」なら、ワンストップで幅広いご要望にお応えします!


その「よくある事務代行」はどんな要望に応えられますか?

入出金から経理、イベントの運営、会報やホームページの制作、
メールマガジンやプレスリリース、SNSを活用した新規の会員の獲得、
アンケート集計、助成金調査など、
”ワンストップ“で幅広いご要望にお応えします。


簡単お見積もり








1 人事の労苦から解放


自前で事務局を抱えた場合、
人事の労苦から逃れることはできません。
さらにそのスタッフの入れ替わりからも
逃がれられません。
「事務局まるごと代行サービス」なら、一貫した運営が可能になります。

実は「自前の事務局」には大きな負担があります。

スタッフ雇用にまつわる採用・教育・管理・福利厚生・不正対策など
人事の労苦から解放されます。
協会は、理事も任期で代わっていき、スタッフも退職しますが、
そうした人の入れ替わりに関わらず、一貫した運営が可能になります。





代表理事の会社内にあった事務局
 代表理事が変わるたび事務局が変わるので、運営の一貫性を保つのが困難でした。
 社員が事務局職員を兼ねていましたが、負担が大きく、代表理事になりたくない理由にもなっていました。すべて外部にまかせて解決しました。




2 幅広い業務に対応

「自前の事務局」のスーパー事務員。でも個人の知識やノウハウには限界があります。
「事務局まるごと代行サービス」なら、幅広い専門スタッフを必要なときだけ!


スーパー事務員にも限界はある。

どんなスーパー事務員を雇用しても、個人の知識やノウハウは限られています。
私たちにお任せ頂ければ、
財務・法務・IT・イベント運営・クリエイティブ制作など、
幅広い専門スタッフを必要な時だけ活用いただけます。





3 コストを削減




自前で事務局を抱えた場合、
設備費や固定費はかなりの額になります。
「事務局まるごと代行サービス」なら、専門サービスをまるごと依頼できてコスト削減。


そのコストは見合っていますか?

「事務局まるごと代行サービス」は敷金礼金・内装費・設備費など
初期投資が一切かかりません。
私たちは複数の事務局を運営することで、人材・設備・必要物品を共有しています。
これによりコストを削減。さらに質の高いサービスをご提供できます。






見えないコストの削減
 外部にまかせてわかることは、それまで理事が多くの時間をマネージメントに費やしていたことです。理事の時給で換算すれば、膨大な金額に相当します。
 時間がなくて理事になりたくないという問題も「事務局まるごと代行サービス」で解決です。






簡単お見積もり




お問い合わせはこちらから

日本AMC株式会社 03-3524-4200     




COPYRIGHT © 2009 - 2020 Japan AMC Co., Ltd.


個人情報保護方針